トップ / 観光に関連している基礎

観光が雇用を生む仕組み

景気を左右するのは、製造業を中心とした第二次産業の良し悪しによる影響が大きいかと思われがちですが、旅行産業などのサービス業の影響もあなどれないと思います。北陸新幹線の開通、2020年の東京オリンピック開催、海外(特に中国)からの旅行客の増加により景気回復に期待を持っている今日この頃です。観光地が賑わうと、当然そこで働く労働者が必要になってくるわけで、新たな雇用が生まれ景気回復につながるのです。団塊の世代が引退された今、リタイア組が地元の旅行地で雇用される仕組みも期待されます。日本は製造業を中心とした技術立国から、海外からの観光客を受け入れる様なサービス業立国として行き伸びる時代が近付いているかもしれません。

雇用改善だけではない旅行の魅力

日本政府は現在観光立国を目指して力を入れています。そのため訪日客も増え様々な地域で、お土産物屋などを中心に売り上げも増えています。それに伴って賃金アップなど雇用環境も好転してきています。旅行客が増えることは、その地域でお金を使ってもらえるため、経済的にな雇用の拡大だけでなく、その地域への税収アップにもつながります。その結果、その地域に住んでいる方々へ利益が還元される機会が増える可能性も高くなります。様々な価値観をもった方々が街に溢れることはいろいろ不安があるかもせれませんが、観光の為の多様性を理解したうえでこの動きをみんなで協力して続けていくことも累積赤字のある日本では必要ではないでしょうか。

↑PAGE TOP

© Copyright 観光関連の新しいキホン. All rights reserved.