トップ / 観光の知らなかった常識

観光に関する検定のメリット

旅行は多くの方がされている楽しみであり、その際に観光が多くされます。しかしそれをするにあたりその土地の知識が不足していては十分に楽しめない可能性もあります。最近では関する検定を受けることも可能です。検定は資格とは違い、その分野に関する一定の知識を持っているかの試験になります。そのためその試験に受かることで資格を得ることは出来ませんが、一定の観光の知識を持っているというアピールを周りにすることが可能です。またそれ以上に知識を得ておくことで実際に行く時によりディープな話が出来たり、その土地ならではの会話なども出来、メリットが高いです。

地域についての試験検定について

その地域の商工会議所が主催しているその地域についての試験に観光文化検定試験というものがあります。公式テキストブックなども販売されており、四者択一で合格基準は70%とのこと。「観光文化検定試験合格への虎の巻」という本まで販売されていて本格的です。この本は特に重要なポイントを箇条書きでまとめてあるそうです。試験の内容は名所についてだったり、遺跡についての問題だったり、城についてだったりと、その地域についての知識が問われる問題がずらり。平成27年の第9回までの合格率は80.4%だということで資格受験者の愛レベルの高さがわかります。

↑PAGE TOP

© Copyright 観光関連の新しいキホン. All rights reserved.